• ホーム
  • ユーザーフレンドリーな読みやすい記事を心がける

ユーザーフレンドリーな読みやすい記事を心がける

コンテンツSEOと聞いて、オリジナリティや有用性など「濃度」ばかり気にしがちですが実は内容だけが全てではありません。
Googleが提唱するユーザーフレンドリーとは、訪問者の快適性も含まれています。
役に立つけれど読みづらい文章のせいで、途中で読むのを断念したという経験は誰しもあることでしょう。

読みやすい記事を作るには、伝わりやすい文章構成や画像・リストを用いるなど画面構成、そして文章そのものの技術的側面が欠かせません。
この中で最も改善しやすいのは、文章の技術的側面の修正です。
すぐにでも実行できる部分として、誤字脱字のチェックや改行・行間の調整、見やすいフォントへの変更などが挙げられます。
方法は簡単で、一度書き上げた記事のプレビューや過去記事を見直して誤字脱字がないか、おかしな表現がないかを精査するだけです。
文章がぎっしりと詰まっていて見づらいと感じたら、改行や見出しをこまめに挟み込んだり、文字サイズ・行間に変化をつけるなどして画面構成を見直してみましょう。

砕けた口語体の記事であれば文字がたくさんあっても文字サイズや行間の調整で見やすくなりますが、専門用語が多い解説文であれば説明用の画像やグラフが必要となります。
また、記事内の目次や見出しのリストを冒頭で提示することにより、さらにユーザーが読みやすい記事となるのでおすすめです。
対話形式の記事であれば画像の他に、吹き出しも併用することによって、より分かりやすくなるでしょう。
吹き出しのプラグインをソフトウェア側が提供していることも多いため、ぜひ色んな種類を試してみてください。

文章構成を工夫して読みやすくするには多大な執筆経験に基づいた技術が必要となりますが、それだけにコンテンツSEOの効果は高くなります。
Googleがサイトに望む役割は「読みやすい」ではなく、その先にある「ユーザーの問題を解決すること」にあるからです。
検索キーワードによる流入の対策で、ユーザーの思考を逆算してニーズを満たすのと同様に、記事の文章構成もユーザーがどんな目的で訪れたかを想像することで良い文章へと変わります。

たとえば、タイトルで問題提起をして記事の冒頭で結論を書くというのも1つのテクニックです。
最後まで読んで欲しいがゆえに結論を記事の最後に持っていきがちですが、どのみち結論だけを知りたい人は長々と続く解説は読みません。
最初に結論を出すことで急いでいる人は素早くチェックでき、なぜその結論となるのかを知りたい人は冒頭の結論以降に記載した解説を読むでしょう。
これにより、両方のニーズが満たせていることになります。

モバイル環境に適応しているかどうかも、重要なポイントです。
パソコン環境では正常に閲覧できても、モバイル環境では画像サイズが大きすぎたりフォントが対応していないなど、落とし穴はたくさんあります。

サイト内検索
人気記事一覧