• ホーム
  • 中古ドメインがSEO対策で有利になることも

中古ドメインがSEO対策で有利になることも

笑顔でパソコンを操作しているスーツ姿の男性

コンテンツのブラッシュアップやサイトの最適化など数あるSEO対策のうち、中古ドメイン(オールドドメイン)もその中の有用な手法の1つとして挙げられます。
サイトの評価を下す検索エンジンは、アクセス数やユーザーのサイト内の行動で人気や動向を探ることは可能ですが、コンテンツのクオリティを自ら判断することは苦手です。
そのためサイトを評価する際に、被リンクやサイトの運用歴(ドメインエイジ)も判断材料にします。
ある程度運用歴があるサイト、つまりドメインエイジが高いものほどGoogleに認識されやすく検索上位になりやすいため、中古ドメインの利用はSEO手法の一つとされています。

オールドドメインが有利と言っても、ただ運用歴が長いだけではあまり意味がありません。
一定期間以上運用されており、その間コンスタントにコンテンツを更新しつつドメインを育て上げて、ようやくドメインパワーが高まります。
良いサイトほど良質な被リンクが得られるため、運用歴の長さと被リンクの質の高さがドメインパワーの高低に直接左右すると言えます。

新規ドメインでサイトを運用し始める場合、Googleのクローラーが巡回してインデックスされるまで正当な評価を受けることができないため、数ヶ月は地道な運営が必要です。
もし導入した中古ドメインのサイトが有名で多くの良質な被リンクを得ていた場合、購入者のサイトもその恩恵を受けることができます。
大幅な時間短縮が可能であるため、利益が得られる分購入する際の価格も上昇します。
信頼できるドメインであるほど最初から検索順位のジャンプアップが可能となるため、ドメインパワーの高さに比例して価格も跳ね上がるのは免れられません。

ただし、良い面が大きい分、デメリットも相応にあるため注意が必要です。
中古ドメインは良い部分だけでなく、悪い部分も引き継ぎます。
過去に何らかのペナルティを受けていた場合、いくらドメインの運用歴が長くても手動ペナルティを受けた時と同様、検索順位の圏外に落とされてしまいます。
一度ペナルティを受けても、問題箇所の修正を行い再度Googleに再審査リクエストを行えば復帰も可能です。

しかし再審査リクエストが受諾されてすぐペナルティが解除される訳ではないため、中古ドメインを導入するなら十分注意する必要があります。
購入する際は、そのドメインのドメインパワーはもちろん、過去に何らかのペナルティを受けていなかったかを確認してください。
ドメインを探す時、文字列を精査すればある程度リスクは回避できます。
ブランド名が含まれているにも関わらず非公式なドメイン、文字列が極端に長いドメインなどは、手動ペナルティで弾かれる要素を含む不審な文字列が多いです。
いくら精査しても完全なリスク回避は不可能であるため、堅実に行くのであれば新規ドメインを地道に育てつつインデックスされるのを待ちましょう。