• ホーム
  • 効果がアップする魅力的なタイトルタグ作り

効果がアップする魅力的なタイトルタグ作り

検索結果からの流入を左右する要素として、サイトのページタイトルを表すタイトルタグが挙げられます。
HTMLタグの一種でありGoogleやYahooなどの検索結果、並びにSafariなどWEBブラウザの上部にも表示されるタグです。
SEO内部対策のタグ設定の中で、検索エンジンが最も重要視している要素とされています。

タグ内に含まれるテキスト次第で、検索順位が変動しうるほど大切です。
ページタイトル内にコンテンツとの関連性が高い適切なキーワードが入っているか、各コンテンツごとに固有のものが設定されているかなどはSEO対策に大きく影響します。
タイトルタグ内のテキストを適切なものに書き換えただけで検索順位が上昇するケースも少なくないため、他サイトと差別化を図る重要なファクターであることを意識しましょう。

また検索結果に表示されるページタイトルは、内容を知らない背表紙の「題」と同義です。
つまりクリックするまで分からない内容を、どれだけ限られた文字数で表現できるかが大きな分かれ道となります。
アクセス数など数字にダイレクトに影響する部分であるため、どのようにキーワードや検索クエリを盛り込むかに心血を注ぎましょう。

ユーザーが目にしてクリックしたくなるタイトルを作成するには、コンテンツの関連性を保ったテキスト内容であることはもちろん、ユーザーの検索クエリに寄り添えているかどうかも大事になります。
作成する際の技術的なポイントとしては、使用する文字数とキーワード配置です。
検索結果の画面で表示される文字の数字は30文字程度、という制限があります。

さらにはスマートフォンの場合この数字がさらに狭まり、全角20文字程度にまで減少するため注意が必要です。
これの対策として制限文字数範囲で収めること、前方に重要なキーワードを配置すること、が挙げられます。
たとえ字数制限に引っかかってタイトルが省略されても、前方10~15文字以内に関連性の高いキーワードを配置することで意味が伝わりやすくなるでしょう。
30文字以内で考えることに加えて、省略されることを前提とした短めのテキストで内容が伝わるよう、普段から鍛えておくのもコツの1つです。

また外部リンクを高める手段である、SNSサービスの利用においても有利に働きます。
思わずクリックしたくなる内容・キーワードを盛り込むことで拡散される確率が上昇し、被リンクへと繋がるからです。
SNSサービスごとにヒットしやすいタイトルは少しずつ異なるため、研究しながら他サイトと差別化を図りましょう。