• ホーム
  • 検索順位が上がらない場合はリライトが必須

検索順位が上がらない場合はリライトが必須

1つの記事に力を注いで作成したにも関わらず、思ったよりも検索順位が上がらないという現象はよく見られます。
検索ニーズを満たしていなかったり記事内の一部の情報の鮮度が落ちたりすると、いくら取り扱っている内容が良くてもSEO効果が薄くなります。
そんな時に有効なのが、既存の記事を再編集してコンテンツ改善を図る「リライト」です。

これは、記事や論文など文章を編集して、新たな内容に刷新しコンテンツ内容をブラッシュアップすることを指します。
既存の記事をリライトして再投稿し、Googleに再評価されることでランクアップが見込める手法です。
より質の高いコンテンツへと昇華させることで、コンテンツSEOの効果を高めることができます。

リライトによるコンテンツ改善は、記事内容から文章構成・画面構成やタイトルなど多岐にわたります。
文章だけ見ても、誤字脱字など細かい箇所から見出しの設定、解説するコンテンツ順序など非常に改善対象が多いです。
加えて説明不足な箇所や不要な情報、段落ごとの文字数の分量配分など全体のバランスも意識しましょう。

SEO対策に直接効果があるのはタイトルや文中に用いるキーワード、共起語・関連語の見直しです。
対象となるキーワードの共起語の選定が正しいのか、検索クエリとマッチした内容であるのかといった点に注目します。
主要ワードの関連語を洗い出して、ユーザーの検索ニーズを満たす方向性を見直すことも大切です。
また検索流入した際に、先に結論を述べた方が良いのか最後の方が効果的なのかといった、コンテンツ順序にこだわることでユーザビリティは大きく変わります。

ポイントとしては、不要な情報を思い切ってカットすることです。
リライトと言われると情報の補足や画像の追加など、ついつい「足し算」を想起しがちですがダラダラと冗長な部分を削除するだけでも読みやすくなります。
ソフトウェアやサイクルの早い商品を取り扱った記事の場合は、リライトの更新頻度を上げて情報の鮮度を保つと良いでしょう。
モバイル環境を考慮した、タイトルの文字数の精査やキーワード配置も重要です。

テキスト内容はもちろん、タイトルやタグなどのリライトに慣れないうちは、検索順位を上げるどころか下手をすれば下げてしまう事態もありえます。
しかし新規記事の更新と併せてリライトも行うことにより、経験値が上がりコツが掴めてくるようになります。
新規作成とリライトの更新頻度を上げて、サイト自体のランク・検索順位を向上させましょう。

サイト内検索
人気記事一覧