• ホーム
  • 正しい見出しでコンテンツを分かりやすく伝えよう

正しい見出しでコンテンツを分かりやすく伝えよう

記事の中に設置する「見出し」も、コンテンツSEOにおける重要なポイントです。
せっかくキーワードにマッチした良い内容の文章であっても、段落分けがなされずテキストがズラリと並んだ状況は人間だけでなく検索エンジンにも苦痛になってしまいます。

そこで登場するのが、単なるテキストによる見出しではない「hタグ」です。
hタグを用いることで文章にメリハリがつき、さらには段落ごとのカラーやテーマも提示することができます。
なおタグを使用することによって人間だけでなく、サイト内をクロールする検索エンジンにアピールすることができ、コンテンツSEOの面で非常に効果的です。
画像や吹き出しを設置したり、行間を調整することも大切ですがシステム的に見やすさ・読みやすさを提示できる点は非常に大きいです。

hタグはh1からh6までの6種類が存在し、優先される順序としてはh1が最も重要となります。
h1は1ページに1つが大原則であり、ページの最初に配置されることがほとんどです。
h1のサブセクションの見出しとしてh2を用いて、さらにそのサブセクションとしてh3・h4といった順序で使用されます。

またh2以降の順序に関しては、検索エンジンのアルゴリズム上では特に重要視されていません。
h1の次にh3を配置しても、SEOの面では影響がないとされています。
ただユーザビリティ(読みやすさ)を意識するのであれば、h2・h3という風に数字の順を正しく追った方が良いという説が有力です。
加えてh1は1ページに1つまでという点も、必ず守るようにしてください。

見出しタグの設置は、目次代わりとなる点もSEOの観点から効果的です。
ソフトウェアによっては自動的に目次を生成するプラグインもあり、目次から任意のタグをクリックするだけで目的の場所にジャンプするなど、利用することによりユーザビリティが向上します。
また見出しタグに段落の印象のキャッチコピー的な役割を持たせれば、ユーザー側がどこまで読んだかが分かる「しおり」の機能を付与することも可能です。
見出しタグと段落のイメージに沿った画像を設置すれば、よりユーザビリティが向上するでしょう。

hタグを適切に設置することはクローラーの巡回効率を上昇させるだけでなく、検索エンジンがページ内容を理解するための役割も果たします。
特にh1タグに関しては見出しタグの中でも最も高い階層にあるため、検索結果画面でもユーザーに対して強くアピールすることが可能です。
内容を説明した上でキーワードを上手く組み込むことにより、その効果は一層高まります。